眠れない原因は脳にあり?

眠れない脳のメカニズム

不眠症には4つの症状によって分類されます。睡眠障害がおこるのは、『メラトニン』というホルモンの分泌バランスが乱れることだと言われています。メラトニンは太陽の光を目で感じることで分泌量が減り、15時間後に分泌量が増えます。そのため夜になると自然に眠気を感じるのです。

  1. 寝つきが悪い…入眠障害
  2. 何度も目が覚める…中途覚醒
  3. 予定よりも早く目が覚める…早朝覚醒
  4. たくさん寝ているはずなのに、よく寝た感じがしない…熟眠障害

さらに精神的なストレスをはじめ、スマホ・PC・テレビのから発するブルーライトなどは交感神経を刺激するので、睡眠障害を起こしやすくなります。 つまり、ホルモンサイクルの乱れや寝る直前までパソコンやスマートフォンを操作することで、脳が刺激され質のよい睡眠がとれなくなるのが、眠れない脳のメカニズムなのです。

不眠の原因は脳にあり?
脳の栄養サプリメント情報

不眠の原因となるストレス

不眠の原因となる要素の大きなひとつが、ストレスによるものです。眠れないことに対するストレスをさらに感じるようになり、脳とストレスの関係が悪循環をしてしまうケースも少なくありません。不眠の原因となるようなストレスは、以下のようなことが考えられます。

  • 心配や悩み事などの精神的なストレス
  • 眠れないことに関するストレス
  • 生活リズムの乱れによるストレス

脳には、起きている状態を保つ覚醒中枢と休ませる睡眠中枢があります。ストレスを感じると2つの中枢神経バランスが崩れて、覚醒中枢が優位に立つため不眠になるのです。せっかく眠りについているのに、覚醒中枢が優位に立っている状態では、ぐっすりと眠ることができません。眠れないこともストレスになるので、悪循環なのです。

途中覚醒しないための方法

夜中にパッと目が覚めてしまったり、再び眠っても何度も繰り返し起きてしまうことを、中途覚醒といいます。この生活が続くと朝スッキリ目が覚めず、疲れがたまり日中も眠気に襲われます。今かすぐにできる対策法としては、以下のような項目が挙げられます。

  1. 起床時間や就寝時間をまずは固定する
  2. 寝る前にスマホやTVなど強い光やブルーライトを浴びない
  3. 朝起きたらまずは外の光を浴びる
  4. 体の内側や内臓の冷えを取り除く

質の良い睡眠や、中途覚醒をしないために有効的な方法です。脳を休ませるときと覚醒させるときのサイクルを安定させることで、自然にぐっすり眠れるようになります。

不眠を起こす脳に有効な成分とは

脳はストレスを感じると脳疲労を起こします。不眠の原因にもなるので、脳をしっかり休ませてストレスのない状態を保つことが不眠に対して効果的だと言われています。

脳疲労を起こさないためにも脳を休ませるBOOCS法を日常生活に取り入れたり、脳疲労を取りのぞき、不眠改善効果が期待できるプラズマローゲンを摂取するのもオススメです。

BOOCS法とは、脳疲労を起こさせないために藤野武彦教授が考案した脳疲労解消法です。抑制や禁止によるストレスを与えず、心も脳も快適な生活を送ることで、脳疲労を解消させるという理論です。

また脳は酸化すると脳疲労を起こすことがわかっています。脳を活性化させるプラズマローゲンには、活性酸素にアプローチする抗酸化作用があるので、BOOCS法の実践と合わせて摂取すると、強い脳疲労防止効果が期待できます。不眠に悩んでいる人は、ぜひ生活に取り入れてみてください。